地球ハウスブログ

2013年4月20日 地球ハウスが誕生しました。
新築、増改築、リフォームまで幅広く行っていきます。
どうかご愛顧のほどよろしくお願いします。

皆様 こんにちは、監督の柳澤です。

今回のブログは、リフォーム現場のご案内です。

刈谷市のM様邸にて、水回りと外部のメンテナンスの工事をさせていただきました。

まずは、内部水回りのリフォームから...。
解体前の大きな介護用のお風呂と手洗いをユニットバスとトイレに区切るリフォームです。
リフォーム前はこちら⇓
IMG_3254 (640x480).jpg
こちらを解体して、新しいユニットバスを設置します。
工事途中は省いて...完成がこちら⇓
IMG_3978 (640x480).jpg
窓の位置も種類も変えて、ユニットバスが取りつきました。
今回お客様が選んだお風呂はリクシルの商品です。
手前洗面側のクロスは、ティファニーの箱のようなグリーンで、
素敵な色味を奥様にとても気に入っていただき、採用となりました。

トイレだったスペースは、上部写真のタオルかけの向こうに新しく設置。
今度は、寝室から直接出入りできるようなプランに。
IMG_3779.JPG
写真が一部分に...(>_<)
リフォームで、お客様の生活スペースがあるので引き気味に写真が撮れず...ごめんなさい。
トイレの奥には、お風呂のデットスペースを有効利用した奥行300㎜の収納量たっぷりの棚が取れました。

...と、水回りはこのようなリフォームとなりまして、
お外はというと...。

外観こちら⇓
IMG_3789.JPG
既に足場を設置した状態のM様邸外観の一部。
(お家が大きすぎて写真に納まりませんっ。)

外部は瓦屋根のしっくいが落ちそうになってヒビが入っているので、
一部は全面はがしてしっくいを塗り替え、一部は部分補修となりました。
そして、カラーベストの屋根は、老朽化の為板金をかぶせる工事を行い、
板金の屋根は、錆び止めと塗装を施しました。

そして、
屋根のしっくい補修作業をしているうちに分かったことが‥
下の写真のように、丸いのし瓦が年月を経て、ずれてしまっている箇所が何か所かあることを。
右下の1枚が大きくずれ込んでいますが、みなさんお分かりいただけます?
全体にも少しずつずれていて曲がってみえませんか?
IMG_3826 (640x480).jpg
丸のし瓦を固定する番線から、長い年月をかけて雨水が侵入し、
中の土が少しずつ流れ出てしまうことで、瓦の本来の位置からずれてしまうようです。
こうなると下地の桟も腐っていることが多く、雨がその奥へ侵入することに...。
屋根の状態としては、あまりよろしくありません。
今回は、この状況をお客様へお伝えし、新たに直す工事を手配することになりました。
この場合、丸のしをいったん外して、土を取り、腐った桟を取り外し、シックイを詰めた後再び瓦を本来ある位置へ戻します。
瓦屋さんの作業風景。
IMG_3950 (640x480).jpg
のしを外して、土を撤去した後にシックイを乗せてます。
丸のしを葺き替えて、ぴし〜っと通りも揃った瓦がこちら⇓
IMG_3987 (640x480).jpg
これでまた長い年月、雨風に耐えうる屋根になってくれました。

左官やさんには、しっくいも巻き直してもらいきれいになりました⇓
IMG_3960 (640x480).jpg
...と、屋根のさまざまな工事をさせていただいて、リフォーム工事を終了いたしました。

今回のリフォームを終えて...
外壁や屋根は、風雨にさらされているところから先に劣化が始まります。
サイディングやカラーベストなら遅くとも10年を目安に塗装をされると、お家が長持ちしますよ。
今回のM様邸は、屋根のメンテナンスが主でしたが、
屋根に上がらさせていただいて初めてわかる不具合もあり、
普段の生活では気づきにくい部分もあるのだなぁと実感した次第です。

この度ご依頼いただいたM様は、「お家は手を掛けてあげないと長持ちしない。」と
しきりにおっしゃってみえました。
M様ご夫婦の話を伺っていて感ずるに、
おじい様やお子様と一緒に過ごした愛おしい家だからこそ、
長く丁寧にそして大切に住まわれたいのだと。
"地球ハウス"にそんなお手伝いをさせていただけたのは幸運でした。
これからも、お客様との出会いを大切に一つ一つお仕事させていただきたいと改めて思いました。

今回は
「M様邸 リフォームの巻」でした。
では、また。

次回は、ジオパワーの機械室のご案内ができればいいな...と。




皆様こんにちは、現場監督の柳澤です。
前回 ジオパイプの埋設工事〜基礎工事までご紹介したジオパワーの工事ですが、
今回 上棟後の工事のご案内です。
現場は前回と変わって、知立市H邸です。
ジオパワーの 「空気の吹き出し口特集」と参りましょう。

基礎からニョキッとでた、ジオパイプの配管⇓
大工さんが床の開口として囲ってくれてます。
完成するまで、埃が入らないようカバーしてつくります。

IMG_3513 (640x480).jpg

これが、完成すると〜こうなります!

IMG_3846 (640x480).jpg

建具屋さんに素敵な格子を作って頂いてます。
完成後に床に合わせて塗装しました。
ちなみに、H様邸のリビング床は無垢のチーク材です。
仕上がりが落ち着いた感じですね。

この吹き出し口から出てくる空気が、基礎の割栗石を温めたり冷やしたりして
その後少し熱が取られてから部屋へあがってくるので、若干地中の温度より変化します。

基礎から放熱もあるので、ジオパワーのお宅の床は、
これからの冬の時期はひんやり冷たいこと無く過ごしていただけると思います。

この吹き出し口を和室にも取り付けたいとのお客様の意向で、
壁に吹き出し口を設けました。
こちらは、塗装せずに白木のままで和室の雰囲気に合わせて‥さりげな〜く。
ジオパワーの空気は、地下の湿気も一緒に上がってくることがあるので、
和室に設置する場合は、畳から離して設置します。

IMG_3860 (640x480).jpg

こちらのお宅、引き渡し前日に畳を敷いてお引渡しをしたのですが、
ジオパワーの空気が換気循環していることで、和室に畳の香りがしなかった(>_<)
普通の住宅ならば、「畳の良い香り〜!」という演出ができるはずだったのに‥。計算ミス?
この時は、ジオパワーの換気循環の能力を実感した具合です。

なので、新築なのに窓を閉め切っていても新築特有の臭い?が感じられませんでした。
私が、鈍感なだけ?とも思っていましたが‥、
完成見学会にお越しになったお客様からも、「新築っぽい臭いがしないねぇ」とおっしゃっていただきました。
たぶん、ジオパワー効果なんだと思います。

お客様が、ジオパワーのお宅で心地よく住んでいただけるように、これからも地球ハウスメンバーと
職人一同 力を合わせてがんばります。

また次回 ジオパワーの内部のご紹介かな。
お楽しみに。



  • 2014-10-05 08:20
地球ハウスの多々内です。
先日、八丁味噌のカクキューへ工場見学に行きました。
岡崎市八帖町にあり、岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離に工場があったのが名前の由来だそうです。
20141005082622.JPG

 観光バスで見学に来ている人たちがいたり以外に賑やかです。
受付で見学の申し込みを済ませ早速見学です。
創業1645年で、すでに369年も続いている。
建物は空襲で焼けずに残っており、戦前の建物がそのまま使われています。
ここはNHKドラマの純情きらりのロケ地として撮影に使われていました。
味噌蔵の中は、著作権の関係で写真撮影が禁止されています。

20141005083106.JPG
味噌蔵の展示コーナーは昔の作業風景を再現しています。

20141005083130.JPG
 工場を一巡すると、最後に赤だしと八丁味噌の味噌汁の飲み比べが出来ます。
見学コースが、お土産売り場を通らないと帰れないところが商売上手です。
地元にいながら初めて見に行きましたが、なかなか面白いところです。
工場見学に行くと、普段何気なく食べている物がどのように作られているのかが解り
非常に面白いです。



八丁味噌工場見学

  • 2014-10-05 08:20
地球ハウスの多々内です。
先日、八丁味噌のカクキューへ工場見学に行きました。
岡崎市八帖町にあり、岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離に工場があったのが名前の由来だそうです。
20141005082622.JPG

 観光バスで見学に来ている人たちがいたり以外に賑やかです。
受付で見学の申し込みを済ませ早速見学です。
創業1645年で、すでに369年も続いている。
建物は空襲で焼けずに残っており、戦前の建物がそのまま使われています。
ここはNHKドラマの純情きらりのロケ地として撮影に使われていました。
味噌蔵の中は、著作権の関係で写真撮影が禁止されています。

20141005083106.JPG
味噌蔵の展示コーナーは昔の作業風景を再現しています。

20141005083130.JPG
 工場を一巡すると、最後に赤だしと八丁味噌の味噌汁の飲み比べが出来ます。
見学コースが、お土産売り場を通らないと帰れないところが商売上手です。
地元にいながら初めて見に行きましたが、なかなか面白いところです。
工場見学に行くと、普段何気なく食べている物がどのように作られているのかが解り
非常に面白いです。



名古屋駅前

  • 2014-09-13 01:12
地球ハウスの多々内です。
先日、用事があり名古屋へ行きました。
名古屋駅前の大名古屋ビルヂングと、JRゲートタワーの建築が進んでいました。
こんな街中で工事をするのは大変だろうなぁ・・・。

向かって右側が大名古屋ビルヂング、左側がJRゲートタワーです。
20140913132130.jpg
2つとも完成すると、建物の高さが200m前後になるため駅前の雰囲気がより都会的になりますね。
名古屋駅を降りると、いつも人の多さに都会に来たと思う。
人並みの中を歩くだけで疲れるのは、三河とは人工密度の違いでしょうか?


20140913132610.jpg
JRゲートタワーは完成すると、地上46階、地下6階です。
最近の高層建築物は、ほとんどが外部足場が無くても外壁が出来上がってしまう工法が
主流のようで、低層の住宅とは工法が全然違いますね。

数年後の完成が楽しみです。